SQUARE
COLLECTION

「ベルシオラ」の本質を感じさせる“スクエア”コレクション。
直線的なバゲットカットダイヤモンドが生む、
時代を超えた強く澄んだ輝きを纏って。

SCENE

真っ直ぐな志で

真摯に生きるひとが内に秘めた純粋な情熱を、“スクエア”コレクションの直線的なフォルムのダイヤモンドは静かに際立たせてくれます。

しなやかに凛と

魅力的に映るHANDSOMUSEは、凛としていながら、柔軟で多面性がある。気品と圧倒的な存在感が共存したダイヤモンドの輝きのように。

揺るぎない自信

トライ&エラーを重ね、自分らしさを表現しようとするひとにこそ似合う、高度な技術を要する“スクエア”コレクションの唯一無二のデザイン。

CONCEPT
”スクエア”コレクション

静かに強く、月明かりのように

自分のための静かな時間が流れる普通の日常を高めたい。
2007年「ベルシオラ」の創業時から、他に先駆けてダイヤモンドの新しいイメージ提案をしてきたのが”スクエア”コレクション。
グラフィカルに配した直線的なバゲットカットを主役に、そこにさりげなく添えたラウンドブリリアントカット。
2種類のカットを施したダイヤモンドが醸し出す静謐で上品な輝きは、まるで夜空を照らす、澄んだ月の輝きにも似て。
しなやかに生きるHANDSOMUSEのマインドにフィットします。

CRAFTSMANSHIP

バゲットカットへの思い

“スクエア”コレクションの主役は、バゲットカットのダイヤモンド。このカットはダイヤモンド全体のわずか2%という希少なもの。石の質をごまかせないカットのため、ダイヤモンドの質に自信がなければ選ぶことはありません。
また石の厚みが光の奥行に影響しているため、均一に整えられた石を整然と敷き詰めることで、深みのある輝きへと昇華しています。
そのためにもダイヤモンドを同じプロポーションと厚みの石に揃えねばならず、レール留めという高度な石留め方法を含め、非常に細かな技によって入念に行われています。「ベルシオラ」ではバゲットカットを得意とする海外のハイジュエラーとパートナーシップを組むことで、難易度の高いこのカットの採用を創業時から実現。クオリティの高い石の保有、0.1ミリ以下の正確なサイズ合わせ、なおかつその石を安定した供給で十分な数揃えられるパートナーが不可欠です。このような妥協なき職人技によって、視覚的にもブレを感じやすい直線の配置が可能に。他にはないグラフィカルでモダンなダイヤモンドジュエリーに仕上げています。

DIAMOND GRADING

グレードの高いファンシーカットダイヤモンドは多くないといわれますが、ベルシオラでは、ハイジュエラー[Beauty Gems]とのパートナーシップの元、クオリティや希少性の高い石が集まる環境を活かし、カットの正確さや、クラック( = 欠け)、インクルージョン( = 内包物)をチェックし、素材を選びぬいています。

遠くから見ても輝くベルシオラのダイヤモンドは、エンゲージメントリングでも使われるHカラークラスを使用しています。